アドバンス小5コース

小5コース概要

科学特有のテーマが増え、法則の理解が増えて行きます。 5年生の学習範囲である電磁石、振り子に加えて、 6年生学習範囲である酸とアルカリ、てこと天びん、中学校の学習範囲である音、静電気、燃焼、魚の体などの実験も行います。

対象 小学校5年生(飛び級は、応相談)
授業時間 165分(2時間45分)
回数 月1回、年12回
クラス(2018年度) たまプラーザ教室:第2日曜日午前10:00〜12:45
青葉台(たちばな台)教室:土曜日午前10時〜12時45分
カリキュラム(実験テーマ)

小5コースの実験テーマと実験内容は次の通りです。順番や実験の内容は、予告なく変更する場合があります。

テーマ 実験内容
4月 振り子 振り子の基本。振り子の重さを変えてみよう。振り子の振幅を変えてみよう。振り子の長さを変えてみよう。振り子の周期を変えるもの。振り子の動きを詳しく見てみよう。振り子マジック。
5月 電気E
電磁石
リード線の周りが磁石になる!コイルで電磁石を作ろう。電磁石を強くしてみよう。電磁石のNとSを決めるものは何だろう。スピーカーを作ってみよう。
6月 音B 音の正体。声の形を見てみよう。音叉と音の高さ。グラスハープをならしてみよう。音を伝える空気。音と波。ドップラー効果。聴診器を作ってみよう。
7月 ガラス 身の周りのガラス。ガラスは割れやすいのか。ガラスと温度変化。ガラスを融かしてみよう。オランダの涙を作ってみよう。オランダの涙で虹が見えるシート(偏光フィルム)。
8月 金属 身の周りの金属。金属をたたいてみよう。金属を熱で融かしてみよう。合金。形を覚えている合金。合金でめっきしてみよう。
9月 酸とアルカリ リトマス試験紙の使い方。身の周りの酸とアルカリを探してみよう。紫キャベツで指示薬を作ってみよう。中和反応って何だろう。中和反応を使ったラムネのお菓子を作ってみよう。
10月 溶けるB 復習、飽和。溶けると味。ミョウバン結晶の作り方(種結晶、液の温度管理)。突然結晶が出てくる!(過飽和)。試験管で雪が降る。
11月 静電気 身の周りの静電気。静電気を起こしてみよう。静電気で引き寄せられるもの。水の上の1円玉はどうなる?クラゲを浮かばせてみよう。ライデンびんに静電気をためてみよう。びりびり体験。
12月 摩擦 摩擦って何だろう?摩擦がなくなると生活はどうなるかな?素材による摩擦の違い。雑誌を重ねると摩擦力はどうなるだろうか?ノコギリの刃の代わりになるのはどれか?摩擦を使った火おこし3種類。舞ぎり式火おこしで火を起こしてみよう。
1月 てこと天びん てこの3つの点。2種類のてこ。身の周りのてこを見てみよう。天びんの釣り合う条件、「てこの原理」。さおばかりを作ってみよう。
2月 魚の体 魚のヒレ。魚の頭のつくり。エラのつくり。魚の解剖(内臓、骨、動脈と神経)。イカの解剖。生物の進化と背骨。
3月 燃焼@ 燃焼に必要なもの。空気とよく混ぜると燃焼が変わる。酸素と燃焼。火から出る気体。石灰水の使い方。二酸化炭素の性質を確認しよう。
このページのトップへ
Copyright © 2008-2017 あおば理科 Aoba Science Laboratory
inserted by FC2 system